結婚に関する相談

結婚に関する相談や出会いについて、実体験を元に自分なりに考えたことをまとめました。

結婚しようと決まったら、家族に相談することってたくさん出てきますよね。
誰から報告していくかも重要だったりしますよ。
例えば、結婚の報告する時期だったり、報告する人の有無だったりあると思うのです。
私の場合は、まずは母親に相談を持ちかけましたね。
一般的なのかは分からないですが、とりあえずは母を味方につけておこうかと(笑)と思っていたのを覚えてます。
母親を一番の相談相手とした私の選択は正しかったみたいで、母親から父親に何となく伝わって順調に結婚の報告とかの準備が進んでいったように感じました。
結婚の相談って・・・結婚したい相手の相談から始まって、新居のこと(場所だったり、間取りだったり)、入籍の時期、引越の時期、結婚式を挙げるか否かなどなど、大小さまざまなことが相談事項として上がりました。
自分の母親を味方につけておくのも順調に結婚を進めていく上でいいかもですよ。
自分の親だと相談もしやすいですしね。
そして、相手方の母親も相談相手としては最適な相手だったりしました。
自分の意見を伝えてから、「お義母さんはどう思います?意見聞かせてもらえませんか?」などと自分の味方にしておくのもいいですよ。
いろいろアドバイスをくれたり、自分の考えを何となく伝えられたりして(体験談)。

先日、後輩の結婚式に出席しました。他の人の結婚式、もう何度出席したことでしょう・・・周りもほとんど結婚し、独身者はほんの数名。30歳を過ぎ、親や周りからのプレッシャーや自分でも焦りがないと言ったらウソになりますが、仕事もやりがいがあるポジションにつき、プライベートもそこそこ充実して自分がやりたい事が出来ている今、『結婚』という枠にはまるのも・・・と考えているとなかなか自分自身『結婚』には踏み切れません。3年程お付き合いしている彼とも『結婚』の話題にはなりますが、お互いが充実している今、話はなかなか進みません。よく、『紙切れ1枚の事』と言われますが、みなさんは、どんなタイミングで『結婚』決めるのでしょうね?誰かと相談するのでしょうか?
先日、あるテレビで『熟年層の婚活パーティー』の特集がやっていました。50代、60代、70代・・・今まで独身だった方、離婚された方、死別された方、それぞれがパートナーを求め『結婚』を視野に入れた新たな出会いを求めていました。
私は、まだ1度も結婚をしていないし、その年齢にも達していないので、皆さんの気持ちはわかりかねますが、やはりいくつになっても『もう1度』と思うほど『結婚』にはパワーがあるものなのでしょうね、きっと。
今はもう少し先になりそうですが、私にもいつか訪れるであろう『その日』。その時にこの答えが出るのを楽しみに待ちたいと思います。

たまになんですが・・・メールとかで結婚相談とか出会い系とかのいたずらメールが来るときがあります。私は女性なのになぜか女性の方からのお誘いメールとか・・。結婚しているのに、結婚相手を探すならとか・・・きっと適当に相手の情報がわからなくても送信とかしてるんでしょうね。結婚相談といえば、よく雑誌の広告に結婚相手を探すなら○○とか会社名が載ってたりしますが、実際にそういう結婚相談所とかをどのくらいの人が利用してるんでしょうか・・・?なかなかそこでの出会いを本気にはちょっとできないのかなと思いますが友達にこういう相談所ってどうなのか聞いてみたら実際にその友達の友達が利用したことがあるというのです。その友達の友達は男性でバツ一の女性となんどかメールをするうちに意気投合して実際にお会いしたみたいです。相手の女性には双子の男の子供がいまして一緒にご飯を食べに行ったり買い物に行ったりと何度か会ったそうですが、結局うまくいかなくてお付き合いまではいかなかったそうです。でもネットで調べてみると結婚相談所みたいなものはすごく多くて利用している人もかなり多いようです。私の知り合いではこういうのを通じて結婚した人はいないとは思うんですけど聞いた事がないだけで実際こういうところで知り合い、結婚した人はいるのかも知れませんが・・・。でもやはりメールだけとかは本当のその人の性格とかまではわからないので会ってみないとお付き合いとかまではいかないと思いますね。でも利用する人が多いという事は普段出会いとかがなかなかない人には大切な出会いの場所なんですよね。